今年2021年も例年通り、新しいミュージシャンからステージに戻ってきたあのアーティストまで、いずれからも素晴らしいアルバムがいくつか発表されました。そしてやはり例年のように、K-Popアーティストの中でもどのアルバムが際立っていたかを決める時期がやってきました。ファンや批評家のレビューをもとに、今年が終わる前に絶対に聞いておきたい2021年K-Popアルバムを以下にまとめました:

Yukika—timeabout,

YUKIKAには数年間苦労した過去があります。デビューアルバムのSoul lady、そして一躍大ヒットとなったシングルLove in TV Worldや、その他アルバムでのフィーチャー曲をリリースした後、YUKIKAはレコード会社を辞めてしまいます。多くのファンが彼女のキャリアは終わったと思っていましたが、彼女の才能に気付いたエージェンシー、Ubuntu Entertainmentが拾い上げて新アルバムのリリースに向けて共に動いている彼女が発表したとき、私達は皆驚かされました。アルバムは2021年の初めに発表。最初の音からすぐ、このアルバムは強いレトロサウンドとYUKIKAの独特なテイストが効いているのが良くわかります。Time Trave Secret and PUNG!などの歌はSoul Ladyのどの作品よりもかなり強いです。このアルバムが焦点を置いているのは耳に心地よいシンセサイザーと素晴らしいボーカルです(特にSecret)。アルバム全体に非の打ちどころがありません。

 

aespa—Savage

Aespaはようやく独自の音楽性を見つけたという印象があります。未来的なSavage、初のミニアルバムは非常に素晴らしいです。もし彼女たちの最初の2枚のシングル、Black Mamba Next Levelで興味がわかなかったのであれば、もう一度このミニアルバムをお試しください。収録作品には質の高いエレクトロポップが詰まっています。どのトラックも非常にポップな聞き心地に仕上がっています。歌詞もキャッチーでアルバム全体に驚きとダイナミックな変化が詰まっています。多くの人々は彼女たちを、デビュー以来最高のK-Popプロジェクトだと言っています。

TXT—The Chaos Chapter: Freeze

ファンは既にTXTのアルバムは聞きなれています。大抵は初めからキャッチーなわけでは無く、だんだんと馴染んでくるのです。同じことがFreezeでも起きますが、K-Popファンであればヒット曲に溢れるこのアルバムは見逃せません。どの曲でも聴けば聴くほど曲と彼らのいたずらな魅力で大好きになっていくでしょう。

Twice—Taste of Love

多分Twiceでは過去最高のアルバムでしょう、Taste of Loveは素晴らしい構成の作品です。楽しくありながら同時に成熟している…素晴らしい作品です。美しさと心地よさに溢れています。どの曲も全て楽しく、アップビートでダンスするのにぴったりです。より大人なイメージへと落ち着きながら、この9人のガールズグループはロマンティックな切なさ、自信、そして夏のアドレナリンが噴き出るような熱狂的な感覚まで、相反する感覚のバランスを上手く表現しています。

ベクヒョン—Bambi

ベクヒョンはより落ち着きを増し、穏やかで質の高いキャリアの新たな章に突入したと言ってもいいでしょう。入隊前最後の作品となる3rdミニアルバムBambiはとても温かく思いやりがあり、いずれ消え去る人の僅かにつらい記憶を表現したような作品です。優しさ、寂しさ、強さ…これらが入り混じったような歌声です。今後もこのようなアルバムを出してほしいと思う素晴らしいソロアーティストです(ベクヒョンは現在兵役中なので、多分あと2年後です)。

 

終わりに

みなさんは、どれが今年最高のK-Popアルバムだと思いますか?もしまだ聴いたことがなければ、ぜひこれらのアルバムを聴いてみてください!